キャピキシル育毛剤なび

プロペシアの副作用が原因で「がん」になる!? キノリンイエローは問題ない?

プロペシアでがんになる?

プロペシアの副作用として、よく知られているのが男性機能の低下です。
ですが、それよりも怖い副作用として、プロペシアを長期間服用することで「癌(がん)」になるという噂があります。

がんにも種類がありますが、プロペシアによって引き起こされる癌として噂されているのは次の2つになります。

  • 胃がん
  • 前立腺がん

また、癌に関する噂では、プロペシアのジェネリック医薬品として有名なフィンペシアのコーディング剤である「キノリンイエロー」も発がん性があると言われています。

本当にプロペシアやフィンペシアでがんになる可能性があるのか調査しました。

プロペシアと胃がん

プロペシアで胃がんになるという噂の出処は、雨上がり決死隊の宮迫博之さんです。

宮迫さんは育毛シャンプースカルプDのCMのイメージが強いですが、医療機関でAGA治療を行っていることを公言しています。
AGA治療で最も標準的なのが「プロペシア」と「ミノキシジル」です。
※ミノキシジルは内服薬ではなく、外用薬(育毛剤)として使うのが一般的です。

宮迫さんは2012年に初期の胃がんになったことがニュースになりました。
そこで、以下のような三段論法が考え出されました。

宮迫さんはプロペシアを使っている

宮迫さんは胃がんになった

プロペシアを使うと胃がんになる

誰が言い出したのかはっきりしませんが、これだけの情報で「プロペシアを飲むと胃がんになる」と結論付けるのは無理があります。
実際、プロペシアの開発・製造元のメルク社もプロペシアと胃がんの関係をはっきりと否定しています。

そのため、プロペシアを飲むと胃がんになるというのは事実無根だと言っていいでしょう。

プロペシアと前立腺がん

胃がんはただの噂話でしたが、前立腺がんはちょっと事情が異なります。

2011年に米国食品医薬品局(FDA)が、大規模な前立腺癌臨床試験を行った結果、プロペシアを含む主に前立腺肥大の治療に用いられる薬剤が、悪性度の高い前立腺がんの発症リスクを増大させる可能性があるという報告を行いました。
そして、そのリスクを薬の取扱説明書に記載するようプロペシアの開発・製造元のメルク社に指導しました。

実際の試験では、プロペシア(フィナステリド1mg)ではなく、プロスカー(フィナステリド5mg)が用いられました。

そのため、メルク社はフィナステリド1mgのプロペシアに関しては問題ないとの発表を一度は行いました。
ただし、米国食品医薬品局(FDA)は、プロペシアの取扱説明書にもリスクを記載するようにメルク社に指導を行い、実際にメルク社はそれに従っています。
メルク社としては、プロペシアと前立腺がんの関係について、完全には否定しきれないといった形になっています。

フィンペシアのキノリンイエローと発がん性

フィンペシアはプロペシアのジェネリック医薬品と言われている薬です。
プロペシアと同様、フィナステリド1mgを有効成分として配合しています。
※正確に言うと、フィンペシアはプロペシアの正式なジェネリック医薬品ではなく、ただの模倣品です。

フィンペシアは錠剤が黄色です。
その理由は、コーティング剤にキノリンイエロー(黄色203号)という着色料を用いているためです。

キノリンイエローはタール系色素に分類される合成着色料です。
このキノリンイエローに発がん性の疑いがあるという噂があります。

しかし、これも「胃がん」と同様、根拠のない噂話でしかありません。

一部のタール系色素には確かに発がん性が認められています。
そのため、同じタール系色素であるキノリンイエローにも発がん性があるという噂が出たのだと思います。

キノリンイエローに発がん性があるという公式発表はないので、発がん性に関しては問題視しなくてもいいでしょう。

ただし、キノリンイエローには発がん性とは別の問題があります。
キノリンイエローは国内では、食品への添加が認められていません(ちなみに化粧品への添加は認められています)

フィンペシアを服用するということは、法律で食品への添加が禁止されているキノリンイエローを体内に入れることになります。
たとえ発がん性がなかったとしても、行うべきではありません。

ちなみに、当サイト管理人の私は一時、フィンペシアを服用していた時期があります。
そのころは、キノリンイエローの話も知らなかったので、安全だと思い込んでいました。
今では安易にフィンペシアを服用していたことを後悔しています。

ミノタブ、プロペシアの副作用から解放されました!

私は、現在ミノタブ、プロペシアを服用していません。
服用の難しさや副作用の不安からキャピキシル配合の育毛剤に乗り換えました。

ミノタブ、プロペシアから副作用のないキャピキシルに乗り換えてから随分たちますが、満足のいく結果が得られています♪

キャピキシルはミノキシジルの3倍の効果があるということで、複数の育毛剤メーカーからキャピキシル配合の育毛剤が発売されています。
私はこれまでに発売されたキャピキシル配合育毛剤のほとんどを試してきました。

同じキャピキシルを配合していても、それぞれの育毛剤には特徴があります。
いくつもの育毛剤を調査・体験していくうちに、年齢や薄毛の進行具合、肌質によって適切な育毛剤があることが分かりました。

それをまとめたものが「45秒育毛剤診断」になります。
いくつかの質問に答えるだけで、あなたにとって最適な育毛剤を診断します。
その育毛剤がなぜあなたにおススメなのかといった理由を含めて診断結果が出ます。一度試してみてください

育毛剤診断

  プロペシア   

      2015/11/24