キャピキシル育毛剤なび

一番使いやすい(塗りやすい)キャピキシル育毛剤はどれ?

「育毛剤の使いやすさ」と言われてもピンとこないかもしれません。
ですが、実は、使いやすさ(使い勝手)、塗りやすさはかなり重要なポイントです。

あなたも当然ご存知のように、育毛剤は毎日使い続けることが大切です。
使ったり使わなかったりするのでは、どんなに素晴らしい育毛剤であっても、その効果を十分には発揮できません。
毎日使うものだからこそ、ちょっとした使い勝手が気になったりします。

気になるポイントは人によって様々だと思いますが、「使いやすい育毛剤」と「使いにくい育毛剤」のどちらが長続きするかは、言うまでもありません。
それに「使いにくい育毛剤」を毎日使うのは、それだけでストレスになります。
ストレスはAGAや抜け毛の原因となります。
それでは育毛剤を使っている意味がないですよね。

「使いやすい育毛剤」でストレスなく長く使える育毛剤を選ぶことが、育毛を成功させる第一歩であるといえます。

使いやすさランキングの発表!

使い勝手に関するさまざまな要素を比較して、キャピキシル育毛剤の使いやすさランキングを決めました。

rank1フィンジア(FINJIA)

一番手軽で塗りやすい!
フィンジアの容器はプラスチックでスプレータイプです。
頭皮に向かってスプレーをプッシュするだけなので、非常に手軽です。
スプレーをプッシュする回数を決めておけば、毎回同じくらいの量を使用することができます。

また、ベタつきもなく育毛剤が垂れてくることもないので、手軽で最も使いやすい育毛剤と言えます。

手軽で塗りやすい! フィンジアの詳細はこちら
 

rank2BOSTONスカルプエッセンス

粘り気のおかげで垂れることなく、しっかり塗れる!
BOSTONスカルプエッセンスは、育毛剤をスポイトを使って頭皮に塗布します。
スポイトを使うため、1回分の容量がおおよそ分かります。
育毛剤にとろっとした粘り気があるので、垂れることなくしっかりと塗ることができます。
容器は半透明のビンで、残り容量が分かります。
垂れずにしっかり塗れる! BOSTONスカルプエッセンスの詳細はこちら
 

rank3Deeper3D

1回分の容量が正確に分かる!
Deeper3Dは、スポイトを使って育毛剤を頭皮に塗布します。
スポイトには0.5mlと1mlの目盛りが付いていて、1回分の容量を正確に測ることができます。
育毛剤自体はサラサラとしているため、一か所に多くの量を塗布したり、すぐにマッサージせずに放置してしまうと、液が垂れる場合があります。
容器の素材はビンで、半透明なので残り容量が分かります。
1回分が正確に測れる! Deeper3Dの詳細はこちら
 

rank4THE SCALP 5.0C(ザスカルプ5.0C)

ボトルから直接塗布できる
THE SCALP 5.0Cの容器はボトルタイプです。
ボトルの先端を直接頭皮に近づけて塗布できるため手軽に使うことができます。
ただし、ボトルを押す時の強さによって出る育毛剤の量が変わるため、1回の使用量がおおざっぱになってしまうというデメリットもあります。
また、プラスチック製の容器は透明ではないため、残り容量が分からないのが残念なところ。
ボトルから直接塗布できる!THE SCALP 5.0Cの詳細はこちら
 

次からは、「塗りやすさ」「使用量の分かりやすさ」「残り容量が分かるか」「容器の素材」のそれぞれに関して、詳細な比較を行っていきます。

塗りやすさ(塗り方、液質)

液質
塗りやすさは、塗り方と育毛剤(液体)の液質によって大きく異なります。
塗り方というのは、育毛剤を手に取ってから頭皮に付けるのか、それとも直接頭につけるのか、頭皮に直接つける場合はどうやってつけるのか、ということです。
育毛剤の液質は、水のようにサラサラしているのか、粘り気があるのか、ということです。

 フィンジア
スプレータイプなので、頭皮に向かってスプレーをプッシュするだけなので最も手軽です。
液体にべたつきはないですが、サラサラでもないので何度も同じ場所に向かってスプレーしなければ、垂れてくることはありません

 BOSTONスカルプエッセンス
スポイトを使って頭皮に塗布します。
容器から直接育毛剤が出るスプレータイプやノズルタイプに比べると、ひと手間かかります。
育毛剤にはとろっとした粘り気があるので、垂れてくることもなくしっかりと塗れます。

 Deeper3D
スポイトを使って頭皮に塗布します。
スポイントなのは、BOSTONスカルプエッセンスと同じですが、Deeper3Dのスポイトには目盛りが付いています。
(この目盛りについては、次の項目で説明します)

サラサラの液体なので、塗布した後すぐに手でマッサージをしないと育毛剤が額などに流れてしまいます。


 THE SCALP 5.0C
容器の先端を直接頭皮に近づけて塗布します。
容器の腹を押すと中身(育毛剤)が出るようになっています。

Deeper3Dと同じく、サラサラの液体なので、素早くマッサージをしなければ液体が滑り落ちてきます。

スプレータイプで手軽に塗ることができて、かつ、液体が垂れてくることもない「フィンジア」が最も塗りやすいです。
スポイトを使う手間を面倒だと感じなければ、「BOSTONスカルプエッセンス」も、粘り気のある液体でしっかり濡れますが、ベタつきが気になる人には向いていません。
「Deeper3D」と「THE SCALP 5.0C」は、サラサラの液体でべたつかないのは好印象なのですが、いざ使うとポタポタと頭からたれることがあり、その分を無駄にしてしまうのが難点ですね。

使用量の分かりやすさ

スポイト
1回に使用する量が分かりやすいか、という比較です。

 フィンジア
スプレータイプなので、どのくらい出ているのかよく分かりません。
ただし、1プッシュで出る量は変わらないので、プッシュする回数を決めておけば、毎回同じ量を使うことができます。
外箱に書かれてある説明によると5回~10回が適切な回数とのことです。

 BOSTONスカルプエッセンス
スポイトを空気を抜いた状態から普通に吸い上げると、大体1回分である1mlになります。
スポイトに目盛りが付いていないので、おおよその量しか分かりません。

 Deeper3D
スポイトに目盛りが2つ(0.5mlと1.0ml)付いています。
目盛りが付いているため、毎回同じ量を確実に使用することができます。

 THE SCALP 5.0C
ボトルを押す強さによって出る量が変わります。
1回に出る量は少ないので何回もボトルを押す必要があります。
使用する量は毎回まちまちになってしまうと思います。

「Deeper3D」は目盛り付きのスポイトで、使用する量が一目瞭然です。
反対に「THE SCALP 5.0C」は使用する量がアバウトな感じでも気にならない人向けでしょうか。
「フィンジア」はスプレーをプッシュする回数(5回~10回)を決めておけば毎回の量は変わりません。
「BOSTONスカルプエッセンス」のスポイトには目盛りがありませんが、大体の量は分かります。
(自分で目盛りを書いてしまうのもアリですね)

残り容量が分かるか?

残量
残り容量、つまりどのくらい減っているかが分かるかどうか、です。
残り容量は分かったほうが何かと便利です。

例えば、予定よりも早いペースで育毛剤を消費しているのであれば、定期コースの配送を早めてもらうことができます。
逆に、減りが少ないのであれば、次回の配送を遅くしてもらうこともできます。

 フィンジア
容器が透明ではないので、残り容量は分かりません。

 BOSTONスカルプエッセンス
半透明の容器なので、残り容量が分かります。

 Deeper3D
半透明の容器なので、残り容量が分かります。

 THE SCALP 5.0C
容器が透明ではないので、残り容量は分かりません。
(ライトや太陽に照らせば、うっすりとは分かるかも)

「フィンジア」と「THE SCALP 5.0C」は、残り容量が分からないのが残念です。
「BOSTONスカルプエッセンス」と「Deeper3D」は容器の色が濃いので一見すると分かりずらいですが、よく見ると残り容量が分かります。

容器の素材(材質)

材質
保管するときに意外と気になるのが容器の素材です。
プラスチック容器だと手軽に扱えますが、ビンだとそれなりの扱いが必要になります。
少なくとも落下する可能性のある場所には置けませんよね。

 フィンジア
プラスチックです。

 BOSTONスカルプエッセンス
ビンです。

 Deeper3D
ビンです。

 THE SCALP 5.0C
プラスチックです。

使い勝手についてのまとめ

これまでの比較結果を表にまとめてみました。

 フィンジアBOSTON
スカルプエッセンス
Deeper 3DTHE SCALP 5.0C
塗りやすさ(塗り方)スプレーで頭皮にプッシュスポイトを使って頭皮に塗布スポイトを使って頭皮に塗布容器の先端を直接頭皮に近づけて塗布
塗りやすさ(液質)べたつかず垂れずに塗りやすい粘り気があるので垂れずに塗りやすいサラサラな液体なので垂れる場合があるサラサラな液体なので垂れる場合がある
使用量の分かりやすさスプレーをプッシュする回数を決めておけば分かるスポイトに目盛りはないが、おおよその量は分かるスポイトの目盛りで正確に分かるボトルを押す強さによって出る量が変わるので分からない
残り容量が分かるか?分からない分かる分かる分からない
容器の素材プラスチックビンビンプラスチック

一長一短ありますが、「フィンジア」のスプレーの手軽さと、ベタつきなく垂れずに塗れるというのは、やはり大きなポイントです。
スプレータイプなので正確な量は測れませんが、スプレーをプッシュする回数を決めておけば、使いすぎるということもありません。

そのため、「フィンジア」が最も使い勝手がいいキャピキシル育毛剤という結論になりました。

手軽で塗りやすい! フィンジアの詳細はこちら

  育毛剤比較   

      2017/04/08