キャピキシル育毛剤なび

AGAの原因と対策には正しい知識が必要

男性の薄毛やハゲのほとんどは、男性型脱毛症(AGA)によって引き起こされます。
あなたは、AGAについて、どの程度知っていますか?
薄毛やハゲを改善するためには、その原因であるAGAの正しい理解が必要です。

よく勘違いされるのですが、AGAの症状は髪の毛が生えなくなることではありません。
AGAの人でも髪の毛は普通の人と同じように生えてきます。
しかし、髪の毛が太く育つ前に、寿命が来てしまうため、全体として髪の毛の量が減ってしまうのです。

髪の毛が生えてから抜け落ちるまでの一連の流れをヘアサイクルと言います。
ヘアサイクルは、成長期、後退期、休止期、そして脱毛という流れになっています。

さらに成長期は、早期成長期、中期成長期、後期成長期に分けられます。
早期成長期は、髪の毛の成長が始まる次期で、いわゆる産毛の状態です。
産毛の状態は、毛も細く、毛根(毛球)も不安定です。

早期成長期から中期成長期になると、毛球が大きくなって、毛も太くなってきて、だんだんと安定してきます。

そして、後期成長期になると、髪の毛は完全に太く成長します。
毛球が皮下組織に達して、がっちりと髪の毛と頭皮が結びつくため、引っ張っても簡単には抜けなくなります。

通常、成長期は2年から6年というサイクルです。
この成長期が短くなってしまうのがAGAの症状というわけです。

成長期が短くなってしまう原因はいろいろありますが、最も影響があるのが男性ホルモンです。
事故で睾丸を失ってしまった男性や、中国の宦官(後宮で働く男性で、睾丸を取り除いています)は、ハゲないことから、昔からハゲの原因は男性ホルモンであると知られていました。

しかし、本当に男性ホルモンがAGAの原因なのでしょうか?
もし、男性ホルモンが原因なら、思春期の男子もハゲそうなものです。
ですが、現実には第2次成長期の男子は、男性ホルモンが増えると、髪の毛が長く太くなります。
どういうことでしょうか?

100倍強力な男性ホルモン

男性ホルモンは正式には「テストステロン」と言います。
テストステロンには、髪の毛も含んだ体全体の体毛を太く濃くする効果を持っています。
そのため、第2次成長期に入った男子は、男性ホルモンが増えて体毛が濃くなっていくのです。

しかし、最近の研究で、第2次成長期を過ぎるとテストステロンが、頭皮の毛根の細胞の中で「ジヒドロテストステロン」になることが分かってきました。
実は、このジヒドロテストステロンは、非常に強い物質で、通常のテストステロンの10倍から30倍の強さを持つと言われています。
一部では100倍の強さを持つという報告もあります。

実は、このジヒドロテストステロンが毛髪に悪影響を及ぼすのです。
毛を強くするテストステロンよりも強力なら、髪の毛もより育ちそうな気がしますが、そうではありません。

ジヒドロテストステロンは強力すぎて、毛根に作用すると刺激が強すぎるのです。

その結果、毛乳頭が委縮してしまい、毛が抜けてしまいます。
植木に水や肥料を与えすぎると枯れてしまうようなものだと言えます。

悪の元凶:2型5αリダクターゼ

脱毛を引き起こしてしまうジヒドロテストステロンですが、テストロステンが勝手に変化するわけではありません。
「2型5αリダクターゼ」という酵素が、テストロステンに作用すると、ジヒドロテストステロンになってしまうのです。

直接2型5αリダクターゼを抑えるには育毛剤

つまり、2型5αリダクターゼを抑えれば、薄毛が解消される可能性も大きくなります。

薄毛の原因とされるストレスや睡眠不足、食生活の乱れを解消することも必要ですが、2型5αリダクターゼを抑えるのに最も効果的なのは育毛剤を使用することです。
最近の育毛剤には必ずと言っていいほど、2型5αリダクターゼを抑える成分が配合されています。

生活習慣を変えるのは難しいうえ、変えたとしても効果が出るのに時間がかかります。
その点、育毛剤であれば、直接2型5αリダクターゼを減少させることが期待できます。

AGAの原因は年々研究が進んでいます。
育毛剤はその研究成果を取り入れて進化しています。

以前の育毛剤は、本当に効果があるのかどうか怪しいものが多かったですが、最近の育毛剤は、研究成果を貪欲に取り入れて、科学的根拠がある成分を含むようになってきています。

以前は副作用リスクのあるプロペシアくらいしか効く育毛剤は無かったのですが、今では副作用がなく、かつ効果のある育毛剤が発売されるようになっています。

その筆頭がキャピキシルでしょう。
キャピキシルは原料メーカーが実験した結果をエビデンス(科学的根拠)として公開しています。
その効果は、ミノキシジルの3倍という結果が出ています。

最新の育毛研究成果を取り入れた育毛剤を使いたいのであれば、キャピキシル配合の育毛剤は最も有力な選択肢だと思います。

ミノタブ、プロペシアの副作用から解放されました!

私は、現在ミノタブ、プロペシアを服用していません。
服用の難しさや副作用の不安からキャピキシル配合の育毛剤に乗り換えました。

ミノタブ、プロペシアから副作用のないキャピキシルに乗り換えてから随分たちますが、満足のいく結果が得られています♪

キャピキシルはミノキシジルの3倍の効果があるということで、複数の育毛剤メーカーからキャピキシル配合の育毛剤が発売されています。
私はこれまでに発売されたキャピキシル配合育毛剤のほとんどを試してきました。

同じキャピキシルを配合していても、それぞれの育毛剤には特徴があります。
いくつもの育毛剤を調査・体験していくうちに、年齢や薄毛の進行具合、肌質によって適切な育毛剤があることが分かりました。

それをまとめたものが「45秒育毛剤診断」になります。
いくつかの質問に答えるだけで、あなたにとって最適な育毛剤を診断します。
その育毛剤がなぜあなたにおススメなのかといった理由を含めて診断結果が出ます。一度試してみてください

育毛剤診断

  育毛コラム   

      2017/04/08